上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
巨大なカラーを付けてもうすぐ一ヶ月くらいになるだろうか。
もはや彼女の身体の一部となりつつあったのだが
ここ数日、自分の技量を試したいのか首輪抜けならぬ
”エリザベス抜け”を試みているようだ。

3つあったスナップはすでに2つ紛失。
昨日はその箇所を細い針金でクルクルッと留めておいた。

で、今朝。

196

は…針金で留めてあったのに…



本人はというと、
机の下でお気にのオモチャ(もはや生地のみですが)を侍らせて
せっせとグルーミング。

197





などど感心したりもしたけれど、
巨大ベスをしっかり装着し直し、本日は病院にて抜糸day
やっと糸を抜いてもらうことができます。

198

久し振りのお外散歩にいそいそと。
傷の具合はよくなってきているとの事だったけど
脱巨大ベスまではまだ日数が必要とのお達し。
今週一杯、我慢してくだされ。





11/16|未分類コメント:(4)トラックバック:(0)TOP↑
この記事にコメント:
抜糸おめでと~!!i-189
脱エリザベスも間近ですね!!
…でもその前にエリザベス抜けを習得
しそうですね(笑)
さすがきび子さん……(´∀`)
From: ちろにすと② * 2012/11/22 07:30 * URL * [Edit] *  top↑
はじめまして!いつも訪問ありがとうございます(´∀`*)
無事抜糸まで終わったようで良かったですね♪早く完治することを祈っています^^

それにしても、酷いワンちゃんがいるものですねヽ(`Д´)ノその酷いワンちゃんは飼い犬ではないのですか?飼い犬ならほんとに酷い話です。他人に迷惑をかけないのは飼い主として動物を飼うにあたって最低限のマナーですよね!野良ちゃんなら保健所行きですねー。

きびちゃんが安心して遊べるような環境になるといいですね><
From: しるばーれっど * 2012/11/23 01:09 * URL * [Edit] *  top↑
Re: ちろにすと②さん
きび子さんの探究心はつきませんよぉ。
さて、ベス抜けも飽きてきたところで
本日目出たくエリザベスがはずれましたぁ〜v-308
わ〜いわ〜い!と喜んでいるのは親の私らだけで、本人は何事もなかったよーに
ひなたぼっこしてます。
首周りがくっさいのでw念入りに蒸しタオルで拭きました。
From: sugi * 2012/11/23 11:21 * URL * [Edit] *  top↑
Re: しるばーれっどさん
こんにちは!
いつも読み逃げですみませんっっ( ̄ω ̄;)
本日無事にエリザベスもとれました!わぁ〜いっ。

きび子に噛み付いたワンちゃんは飼い犬なのですが
ヨーロッパでは規制している国もあるし、アメリカも州によっては
素人は飼えないことになっている闘犬種でして…。
しっかり躾のされた良い子もいるのは解っているのですが、
興奮するとスイッチが入り易く、飼い主自身が噛まれてしまう事も多々。
一度噛み付いたら絶対に離れないし、むりやり犬同士を離そうとすると
引きちぎられてしまいます。きび子の耳もちょっとちぎられちゃいました。。
ドックランで、殺傷事が起こると必ず種がからんでいるのです。。
こういう光景を何度も目撃してたので怖かったのですが、確かにかわいい良い子もいるのです。
そういう子の飼い主は自分の犬を過信していないし、スイッチが入ったら
制御の仕方を知っています。
”雄なら鼻先を思いっきりパンチして、メスならお腹を蹴る”だそーです。
とにかく国の統計でも一番問題を起こしているのがこの種です。

と、長々と書いてしまいすみませんっ。私が興奮してしまいましたw
飼い主のライセンス取得とか、そういうしっかりした決まり事を作って欲いと
思う次第です。NY、特にブルックリンなどは強くてかっこいい、
こういう犬がファッションとして流行っていますが、途中で手に終えなくなって
捨ててしまうのも多いのです。
捨て犬、虐待されてしまう犬のほとんどもこの種だというのが
なんだかとても悲しいのです。。。
From: sugi * 2012/11/23 11:41 * URL * [Edit] *  top↑
名前:
コメント:タイトル:
メールアドレス:
URL:
コメント:

パスワード:
管理人だけに表示:
管理者にだけ表示を許可
この記事にトラックバック:
プロフィール

sugi

Author:sugi
●名前
きび
●性別

●犬種
Beagle & Australian Cattle Dog/Mix Tricolor
●誕生日
9/24/2011
●サイズ 
中型犬
●Bite History
None
●兄妹
Irean, Ivan, Ida(きび), Isabella

ケンタッキー州の保健所から、NYの動物愛護団体チームに引き取られ、そして我が家にやってきました。4兄妹の中で最後まで残ってたきびこさんでした。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
click it ! Thank you
リンク
Hello
きび子
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。